寒冷紗で創る すきとおった花たち


会報 2017年夏号






創花フレールクレール会報2017夏号

山田加津子の花綴り
《今回大切なご報告!》

 店舗移転と来年六月の作品展の件です。
 この度十三年も親しんでいただいていた、中の浜の店舗を緑ヶ丘の方へ引っ越しました。少し手狭になりましたが、かえっての能率的で快適な空間の中で仕事をしております。
 まだの方、是非お出かけくださいますよう心待ちしております。
 去年は、八月に入院までしたのに比べ、今年はなんと体調の良いこと!調子に乗って店の引越しもそこそこに、東北縦断の旅に出ると言う暴挙に出てしまいました。
 予てよりの何年もかけての計画でしたので・・・エイッ!て行って来ました。二週間のハードながら楽しい充実の珍道中!お陰で元気に帰って来ることがでしました。帰ってすぐエンジン全開で動いております。
 八十歳を前にしてこの健康に全てに感謝♡

 来年の六月には、フレールクレール二十周年も計画しております。
 みなさんのご賛同ご協力を切にお願いしたいと思います。

      主宰 山田加津子


5月6日投稿

 ドヒャー!大間違い!
 旅行の八日出発を七日と一日早く予定を組んでしまったことに先ほど気が付きました!七日までお教室出来たのに六日までとお断りしてしまったのです。
 ごめんなさーい。よろしかったら七日(日)まで教室あけておりますので・・・
 尚、旅行は八日(月)~二十一日(日)ですが二十三日(火)大分ですので二十四日(水)からは通常通りです。ご迷惑かけますがどうぞよろしくお願いします。店の方はいつものようにずっと開けて居りますのでお電話の上お出かけ下さいますようお待ちしてます。では元気に帰ってまいりますのでとびっきりのズッコケお土産話を聞きがてら遊びに来て下さいね!

5月8日投稿

いよ いよ(凸凹 トリオ)の~うばざくら東北縦断~の旅の始まりです。
 新門司港から神戸まで阪急フェ
リー「つくし」の出航です!(Yの愛車のトランクに三段のプラタンスの引き出しを押し込みそれぞれの着替えを詰め込んで)

5月10日投稿

東北縦断の旅 第四報!
 昨夜から生憎の曇り空!早朝から万の神に天気回復を祈りながら 車は富士吉田を目指す!
残念!富士山は全く拝めず!
 それでも忍野八海、富士五湖は執念で巡り終える。それでもそれぞれの新緑に見えない筈の富士は映えていた!幻覚?  アッ!霧に包まれた日本平や憧れの清里にも行きましたよ。今宵の宿泊は長野駅のすぐ近くの ビジネスホテル。

5月15日

東北縦断の旅 第九報
 昨夜の宿泊先、浅虫温泉を早朝出発!霊場恐山を目指す!
 曇り空、小雨、時には晴れ間も見える複雑な空模様。前もって色々話は聞いていたしそれなりの予備知識は持っていたつもりだったがそれとは全く違ったものだった。
 山門をくぐり本尊地蔵殿に手を合わせお参りする。参拝順路に沿ってゆっくり歩く。硫黄の匂いが鼻をつく。その深い静けさは日頃全く信心などとは無縁の生活をしているのだがその雰囲気に心がなぜだか落ち着いてきて近年失くした同級生の思い出話などしながら巡った。「恐山 心と見ゆる湖を 囲める峰も 蓮華なりけり 桂月」次の目的地八戸へひた走りながら路辺の満開の菜の花に目を奪われた。
「あちこちで土筆が顔を覗かせ始めましたよっ」
春待つお客様は
その訪れを教えてくれますが
「はい!ここにはもう一足先に
春は来てますよ!:-)」
つくしに続いてタンポポもできました!
花まりはいつも季節を先取りです!!

5月19日投稿

東北縦断の旅 第十四報
 南太平洋のしらべ 『きそ』南太平洋のリゾートホテルのように優雅で洗練された豪華船! とパンフレットにはある。只今 その船中にてピアノ演奏を聞いたりipadで船内を撮ったり 大浴場にひたったりディナーはバイキングでゆったりと船旅を楽しむ!
 さ、この旅もいよいよ終盤に!明朝九時四十分 名古屋着 随分と九州に近づく。

5月21日投稿

早朝、四国のホテルから出発!
瀬戸大橋を途中から展望台に降りて行き下から眺めると又、橋脚の迫力が違う。丁度、橋の下段を電車が通るのを見ることが出来た。
広島、山口を高速で抜ける。
 本州最後のトンネルを抜けると
関門大橋がもう目の前!するとなんだかゆったりした気分がシャキッとなる不思議!
 鞍手から芦屋入り
 三千何百キロの走行距離の旅も
いよいよ今日で終わり!
合計二百二歳(     )の凸凹トリオは四十年来の長い付き合い。これからも良い関係で良い旅を続けて行きたい。

※数に限りがありますので、ご注文はお早めに!